機器データベース

機器詳細

機器名 レーザラマン分光光度計
コード 0053
分野 医療化学環境物理
目的別分類 ナノ材料物性無機有機
メーカー名 日本分光株式会社
型式 NRS-7100
製造年
写真
仕様 分光器 : 収差補正型ツェルニターナ配置   
 焦点距離 : 500 mm   
 測定波数域 : 30~8000 cm-1   
 波数分解 : 0.5 cm-1 以下 
電子冷却CCD検出器(1024×256 pixel) 
励起レーザー : 532 nm、785 nm 
顕微2D&3Dイメージング(空間分解:1 μm)
装置の概要 物質に入った光は、物質の格子・分子振動とエネルギーのやりとりをし、Raman散乱光が生じる。励起光をフィルターで遮断し、ラマン散乱光のスペクトルを回折格子とCCD検出器を備えた分光器で測定する。Ramanスペクトルを解析することにより、格子・分子の振動・回転に関する情報を得ることが出来る。 操作方法は簡単であり、試料台に試料を置いて位置調整をするのみである。CCDカメラでモニターしながら測定部位を決めることが出来る。試料はごく少量ですみ、一般的には形状を問わず、液体でも固体でも測定できる。
外部利用可否
管理責任者 小野 恭史・機器分析施設
機器管理者 池本 弘之・理学部
針山 知弘・機器分析施設
キャンパス 五福
設置場所 総合研究棟 1019室 (E3)
設置年度 2009年度
学内利用申請 機器分析施設に利用申請書を提出してください。