機器データベース

機器詳細

機器名 熱分析システム(GC-MS)
コード 0017
分野 化学環境生命科学その他
目的別分類 物性有機
メーカー名 株式会社島津製作所 
型式 GCMS-QP 5050A
製造年
写真
仕様 質量範囲 : m/z 10~900  
分解能  : R≧2M(但し、FWHM)
感度   : 100 pgメチルステアレート分子イオンm/z 298において  S/N≧60   
最高スキャン速度:6.750 u / 秒(シングルスキャン)  
スキャン範囲 m/z 60~660を0.1秒インターバルで繰り返しスキャン可能
装置の概要  GC の試料注入口から注入された試料は、キャピラリカラムにより分離され、GC/MSインタフェースを通り、全量イオン源ボックスに入ります。ここで試料の一部はイオン化され、レンズスタックにより収束され、プリロッド付四重極型マスフィルタに入り、質量分離されたあと、検出器により検出されます。  試料を試料注入口から注入するのみで、測定条件等はすべてソフトウェアで入力し、測定することができます。  高感度、高質量範囲(性能参照ください)で応用範囲が広がりました。
外部利用可否 ×
管理責任者 小野 恭史・機器分析施設
機器管理者 小野 恭史・機器分析施設
キャンパス 五福
設置場所 富山市新産業支援センター 機器分析室  (G15)
設置年度 2002年度
学内利用申請 機器分析施設に利用申請書を提出してください。